妊娠中や授乳中の方は、飲み物の制限が多いですよね。ほとんど水しか飲めないようなものです。香りや味の付いていない飲み物を飲み続けるのはキツイです。しかし、妊娠中や授乳中でも飲めるお茶やコーヒーがあるのです。マタニティ雑誌などで紹介されて大人気となっています。

授乳中におすすめの飲み物

水分は食事以外でも約3リットル、夏場は約5リットル程度を目安にたくさん摂る必要があります。カフェインの強いものやアルコール、牛乳の多量摂取は避け、烏龍茶、ほうじ茶、麦茶等を飲むと良いです。特に、母乳の出がよくなると言われているたんぽぽ茶がおすすめです。

母乳が出にくくなる原因としては、出産時の出血が多量で貧血になっている場合や冷え性からくるものがあります。

たんぽぽ茶には、たんぽぽ根の成分である鉄が多く含まれているため、貧血予防にもなり、血液の質を良くし、母乳の量を増やすことができます。また、たんぽぽ茶は、体を温め、代謝を良くするため、冷え性改善もできます。
たんぽぽ茶の中でも、特におすすめなのは、ティーライフ たんぽぽ茶ブレンドです。

授乳中におすすめ「たんぽぽ茶」はココがポイント!
苦みが少なく飲みやすい
ノンカフェインだから授乳中・妊娠中でも安心して飲める
母乳の出を良くする

ティーライフ たんぽぽ茶ブレンドは、授乳中の飲み物としておすすめ

他社のたんぽぽ茶より栄養豊富

ティーライフ たんぽぽ茶ブレンドには、鉄、ビタミンB2が多く含まれるたんぽぽ茶の成分たんぽぽ根のみならず、醗酵ギンネム、北海道の黒豆も含まれており、栄養豊富です。 醗酵ギンネムは、沖縄のカルシウムが豊富なサンゴの海で自生しているマメ科植物であり、ウーロン茶の約50倍のカルシウムが含まれていると言われています。また、北海道の黒豆には、肥満予防やコレステロール低下・抗酸化作用があると注目されているサポニンが含まれております。 醗酵ギンネムや黒豆を含んでいるのは、ティーライフ たんぽぽ茶ブレンドのみです。 栄養豊富ですと、授乳中のママには嬉しいですね。

たんぽぽ茶で唯一30日間返品返金保証

ティーライフ たんぽぽ茶ブレンドは味に自信があるから、たんぽぽ茶で唯一30日間返品返金保証です。返品時の返送料もティーライフが負担します。また、Webからの注文なら定期注文でなくても送料が無料でお得です。

安全面も厳しくチェック

ティーライフのたんぽぽ茶の原料であるたんぽぽ根は、中国(吉林省)から輸入しています。中国から輸入している原料を使用しているため、安全性は問題ないのかと思う方がいると思います。 ティーライフでは、中国から輸入後、日本国内で定期的に残留農薬検査を実施し、安全と確認できた原料のみを使用しているため、授乳中のママが飲んでも安心です。また、ティーライフの国内指定工場にて、洗浄から焙煎までの製造加工を行っており、一定の美味しい品質となるよう厳しくチェックしています。